ネスレ、低炭素海運輸送への転換を開始。ハパックロイド等3社と協働

12月6日、ネスレは、海運世界大手3社と協力し、全世界で必要とされる輸送量の半分に相当する船舶を、代替の低排出ガス燃料に切り替えると発表した。

同社は、使用済み食用油などの廃棄物から作られた燃料を使用する貨物船に切り替えることで、輸送によるGHG排出量をCO2換算で年間約20万トン削減することを目指している。これにより、海上輸送に約500,000バレルの原油の使用を回避できる。

ネスレのカーボンフットプリント全体に占める海運の割合は小さいが、同社はネット・ゼロへの道のりの一環として、物流サービスの影響削減に取り組んでいる。廃棄物から作られた燃料は、標準的なオプションと比較して、同等の排出量を少なくとも70%削減できる。

ハパックロイド、APモラー・マースク、CMA CGMとの間で締結された本契約は、2023年のネスレの輸送量の半分をカバーするもので、2024年以降に延長するオプションもある。また、本協定は2024年以降に延長することも可能。各海運会社は2023年、代替燃料を使用して同等のトン数を輸送することになる。

【参照ページ】
(原文)Navigating a better course: Nestlé moves to lower carbon alternatives for shipping
(日本語参考訳)ネスレ、低炭素海運輸送への転換を開始。ハパックロイド等3社と協働

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る