Neustark、炭素除去事業拡大のため約111億円の資金を調達

6月26日、二酸化炭素除去(CDR)を専門とするスイスの気候技術企業Neustarkは、重要な資金調達ラウンドで6900万ドル(約111億円)を調達したと発表した。本ラウンドは、ブラックロックとテマセクが共同で設立したDecarbonization Partnersが主導し、気候技術投資家のBlume Equityが参加した。今回の資金調達は、2030年までに100万トンのCO2を削減するというneustarkの使命を支援し、ヨーロッパ、北米、アジア太平洋地域での事業拡大を強化することを目的としている。

既存の投資家であるシーメンス・ファイナンシャル・サービス、ヴァーヴ・ベンチャーズ、ACEベンチャーズ、ホルシムは支援を継続し、UBSはデットファイナンスを通じて追加資金を提供した。cdr.fyi社によると、同投資ラウンドは炭素除去分野で最大級のものだという。

Neustarkは、CO2を回収し永久に貯蔵する独自のソリューションを開発した。同プロセスでは、バイオガスプラントから生物起源CO2を回収し、液化して建設廃棄物のコンクリート粒に注入する。この方法によって無機化が促進され、CO2が永久的に結合され、粒状物が建設用の再利用可能な材料に変換される。

現在、Neustarkは、スイス、オーストリア、リヒテンシュタイン、ドイツで19の炭素回収・貯留プラントを運営しており、さらに40のプラントを建設中である。同社は、マイクロソフト、UBS、ネクストジェンなどの顧客を惹きつけ、12万トン近くの炭素除去を販売しており、すべてのプロジェクトが透明性とパフォーマンスに関するゴールド・スタンダードの認定を受けている。

Neustarkの共同CEOで創業者のヨハネス・ティーフェンターラー氏は、2050年までにネット・ゼロの目標を達成するためには、スケーラブルな炭素除去ソリューションが不可欠であると強調した。同氏は、同社の革新的なアプローチと、耐久性のある炭素除去ソリューションと信頼できる炭素クレジットに対する市場の大きな需要を強調した。

【参照ページ】
(原文)Neustark secures $69 million in funding to expand carbon removal solution globally
(日本語参考訳)Neustark、炭素除去ソリューションの世界的拡大に向け6900万ドルの資金を確保

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る