KPMGとチューリッヒ、気候リスク・アドバイザリー・サービスを開始

KPMGとチューリッヒ、気候リスク・アドバイザリー・サービスを開始

9月13日、チューリッヒ・インシュアランス・グループのコマーシャル・リスク・アドバイザリー・サービス部門であるチューリッヒ・レジリエンス・ソリューションズとKPMGスイスは、物理的および移行的な気候関連リスクへの対処を目的としたアドバイザリー・サービスを提供するという新たな戦略的提携を発表した。

両社は今後、欧州、米州、アジア太平洋地域の市場にもサービスを拡大していく予定。

両社によると、新サービスは、政策変更、評判への影響、市場嗜好の変化などの移行関連リスクや、異常気象の増加による物理的リスクなど、気候変動リスクに対する総合的なアプローチを企業に提供することを目的としている。

チューリッヒの物理的リスクとオペレーショナル・リスクに関する気候レジリエンスに関する専門知識と、KPMGの低炭素経済への移行を通じて発生するビジネス関連リスクの評価能力を融合させることで、新たな協業が実現した。

新サービスには、気候リスク・エクスポージャーの把握と管理、物理的・業務的レジリエンスの強化、移行戦略の策定、気候移行に関連するビジネス機会の追求を支援するため、バリューチェーン全体にわたる重要なエクスポージャーの特定と財務的影響の評価を目的とした、カスタマイズされた気候シナリオ分析が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Zurich and KPMG collaborate to provide comprehensive climate change advisory services
(日本語参考訳)KPMGとチューリッヒ、気候リスク・アドバイザリー・サービスを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る