Unilever、16歳未満の子どもへの食品・飲料マーケティングを停止

4月21日、世界的な消費者ブランド企業であるユニリーバは、子どもに対する責任あるマーケティングのための新しい世界原則に基づく一連のコミットメントの一環として、従来のメディアとソーシャルメディアの両方で16歳未満の子どもに対する食品・飲料のマーケティングを停止すると発表した。

Ben & Jerry’s や Magnum などのアイスクリームブランドを有するユニリーバは、今回の新たなコミットメントの前から、従来のメディアでは12歳以下、ソーシャルメディアチャンネルでは13歳以下の子どもに対して、食品や軽食の販売や広告を行なっていなかった。

新たな原則には、16歳未満を対象としたマーケティングやソーシャルメディア上のコミュニケーションを行わないことに加え、16歳未満の児童に関するデータを収集・保存しないこと、16歳未満のインフルエンサー、著名人、ソーシャルメディア上のスターを起用しないこと、16歳未満の児童に主にアピールしないことを約束することも含まれている。ユニリーバはまた、インフルエンサーに対する規定の明確な開示と、インフルエンサーのコンテンツに対する子どもの訴求を制限すること、そして、教育キャンペーンへの参加を除き、特に要求があった場合には、学校でのブランドや製品のプロモーションを引き続き控えることを約束した。

今回の新たな規則は、アイスクリームを含むユニリーバの食品およびリフレッシュメントのポートフォリオ全体に適用され、各ブランドが遵守すべき期限は2023年1月としている。

【参照ページ】 
(原文)Championing global commitments that ensure no food marketing to under 16s
(日本語訳)16歳未満の食品のマーケティングを確実に行わないグローバルな取り組みを推進

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る