Amazon、過去1年間で100件以上の太陽光・風力発電プロジェクトに投資

アマゾン、過去1年間で100件以上の太陽光・風力発電プロジェクトに投資

1月18日、Amazonは、2023年に新たに100以上の太陽光発電と風力発電プロジェクトに投資し、4年連続で再生可能エネルギーを購入する最大の企業の称号を獲得したと発表した。

Amazonによると、新プロジェクトは2030年という当初の目標よりも早く、2025年までに再生可能エネルギーによる電力を100%にするという期待に近づくものである。同社は、2023年には事業の90%以上を自然エネルギーで賄う。

過去1年間で、Amazonは自然エネルギーのポートフォリオを27カ国と米国20州以上に拡大し、アーカンソー州、ジョージア州、メリーランド州、ミシガン州、ミシシッピ州、ミズーリ州、オハイオ州、オクラホマ州、バージニア州、カナダ、ブラジルで新たなプロジェクトを立ち上げた。ベルギー、フランス、イタリア、スペイン、英国のアマゾン施設に15件の屋上太陽光発電設備、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、スペイン、スウェーデン、英国に24件のユーティリティスケールの風力・太陽光発電プロジェクトがある。

また、2023年までにアジア太平洋地域で13のプロジェクトを追加し、その中には8つのユーティリティ・スケールの風力・太陽光発電プロジェクトと韓国での初のプロジェクトが含まれる。中国では、3月に操業を開始したAmazon Wind Farm China-DaqingとAmazon Wind Farm China-Bobaiの2つの新しい風力発電所を発表した。

全体として、Amazonは現在世界で500以上の風力発電と太陽光発電プロジェクトを持っていると述べた。

【参照ページ】
(原文)Amazon is the world’s largest corporate purchaser of renewable energy for the fourth year in a row
(日本語参考訳)アマゾンが4年連続で世界最大の再生可能エネルギー購入企業に

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る