H2 Green Steel、グリーン製鉄所建設に向け約380億円を調達

10月19日、脱炭酸鉄鋼のスタートアップであるH2 Green Steelは、8月でシリーズBでの調達額が2億6000万ユーロ(約380億円)となったことを発表した。今回の資金調達は、主にスウェーデンのボーデンに500万トンのグリーン製鉄所を建設するために使用される予定だ。

本ラウンドでは、既存の投資家である日立エネルギーと神戸製鋼所に加えて、スウェーデンの投資会社Kinnevikと気候変動に特化した機関投資家ファンドが新たに参加した。

2020年に設立されたH2 Green Steelは、世界初の化石燃料を使わない製鉄所を建設しており、本プロジェクトには鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。酸化鉄から酸素を取り除く過程ではグリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2の95%を回避する。また、製造工程では100%再生可能エネルギーを使用し、2030年までに500万トンの脱化石燃料鋼の生産を目指している。

H2 Green Steelは欧州の幅広い分野の顧客に対し、すでに初期販売量の約60%を先行販売している。

【参照ページ】
(原文)H2 Green Steel completes €260 million equity financing to build world’s first large scale green steel plant
(日本語訳)H2 Green Steel、低排出ガス製鉄所建設に向け2億6,000万ドルを調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る