MASとCDP、サステナビリティ情報開示とESGデータへのアクセスに関する提携開始

3月18日、シンガポールの中央銀行および金融規制機関であるシンガポール通貨監督庁(MAS)と、気候変動調査プロバイダーで環境情報開示プラットフォームのCDPは、金融機関や企業がESGパフォーマンスや影響をより適切に測定・監視できるよう、サステナビリティ情報開示の促進とESGデータへのアクセス改善を目的とした提携を発表した。

本提携は、MASが発表した、ESGおよび持続可能性に焦点を当てたデータプラットフォームの開発に関する金融技術プロバイダーおよび金融業界参加者とのパートナーシップに関する新しいイニシアティブに続くものである。本イニシアティブは、MASが2020年に開始したプロジェクト・グリーンプリントの下で実施されるものであり、テクノロジーとデータを活用し、より透明で信頼性が高く効率的なESGエコシステムを構築することにより、グリーンかつ持続可能な金融への転換の支援を目的としている。

今回の提携では、CDPの情報開示システムとMASのプロジェクト・グリーンプリントとの情報交換を検討し、企業や金融機関を対象とした気候変動開示に関する能力開発プログラムを実施する予定である。

【参照ページ】
(原文)MAS and CDP to jointly promote access to quality ESG data
(日本語訳)MASとCDPが共同で高品質のESGデータへのアクセスを促進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る