トヨタ新体制方針を発表、FCVで中国の海馬汽車と戦略的提携

4月7日、トヨタ自動車は新体制方針説明会を開催した。新体制のテーマは、「継承と進化」と発表された。

本説明会では、Toyota Mobility Conceptの中心にある自動車の価値を高め、更に、新しいモビリティや移動の自由を拡げ、社会システムの一部として、新たなサービスやエネルギーソリューションを提供する意向が語られた。

同社は未来の車種について、EV、燃料電池自動車(FCV)から、eFuel、水素エンジン車、ハイブリッド車(HV)までを全方位に進め、2050年カーボンニュートラルの実現に取り組む。2026年までにEVで10車種を新たに投入し、販売台数も年間150万台にすることを目指す。2026年に次世代EVの投入への意欲も見せた。プラグインハイブリッド車(PHV)は、電池効率を上げ、EV航続距離を200km以上に延ばす。

一方、安全・安心や運転する楽しさを進化させ、移動価値の拡張に取り組むことも宣言。車載ソフトウェア開発プラットフォーム「Arene(アリーン)」が重要になるとの考えを示し、2026年に投入予定の次世代EVに搭載していく。

生産体制では、2025年に3列SUVタイプのEVの現地生産を開始する予定。ノースカロライナ州で生産されたバッテリーを調達し、搭載する。中国では、bZ4Xと先月発表したbZ3に加え、現地のニーズにあわせた現地開発のバッテリーEVを2024年に2モデル投入する。

3月24日、トヨタ自動車は海馬汽車有限公司(海馬汽車)との戦略的協定を締結した。協力枠組み協定を結び、バッテリー自動車(FCEV)の研究開発・産業化の分野で戦略的協力を行う。

両社は海馬ブランドのモデルに、トヨタの第2世代水素燃料電池車「MIRAI」に使用される電気スタックを含む成熟したコンポーネントとシステムを装備する。トヨタが中国の乗用車メーカーに水素燃料電池システムを供給するのは初めてで、本システムを搭載したモデルは年内に海南島で実証運転を開始する予定、順次規模を拡大していく。

トヨタは、2019 年 4 月に中国の商用車メーカーに水素燃料電池コンポーネントの提供を開始して以来、中国の特殊な水素燃料電池システムの開発、生産、市場投入、サービスに至るまでのプロセス全体のシステムを徐々に改善し、多くの商用車を提供してきた。トヨタは中国のパートナーと協力して中国の水素エネルギー社会のさらなる発展を促進し、中国のカーボンニュートラルの実現に貢献する。

【参照ページ】
新体制方針説明会
(原文)多路径助力实现碳中和目标,丰田朋友圈再扩大
(日本語参考訳)トヨタ中国と海馬汽車が戦略的パートナーシップを締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る