Linde、米国でグリーン水素の生産を拡大

9月8日、Lindeは、ニューヨーク州ナイアガラフォールズにグリーン水素を製造する35メガワットのPEM(プロトン交換膜)電解槽を建設することを発表した。本工場は、Lindeが世界で設置する最大の電解槽となり、米国におけるLindeのグリーン液体水素の生産能力を2倍以上に高めることになる。

Lindeは、工業規模の電解槽を建設、所有、運営し、水力発電を利用してグリーン液体水素を製造する。プラントは2025年までに稼働する予定だ。Lindeは既存の液化装置と流通インフラを活用し、既存および新規の顧客に供給する予定である。本プロジェクトは、Lindeがグリーン液体水素の需要に対応するために米国に建設する予定の複数の電解槽の最初のものだ。

Lindeは、水素の製造、処理、貯蔵、供給における世界的なリーダーであり、世界最大の液体水素の生産量と供給システムを有している。Lindeはクリーンな水素への移行において、世界中で200以上の水素燃料供給ステーションと80の水素電解プラントを設置しており、世界トップクラスのエンジニアリング組織、主要なアライアンスやパートナーシップを通じて、最新の水素技術を提供している。

【参照ページ】
(原文)Linde to Increase Green Hydrogen Production in the United States
(日本語訳)Linde、米国でグリーン水素の生産を拡大

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る