Moody’s、「持続可能な債務」意見表明サービスを格付け機関に移管

Moody’s、「持続可能な債務」意見表明サービスを格付け機関に移管、新たな評価枠組みを提案

9月9日、世界的な総合リスク評価会社であるMoody’sは、持続可能な債務のセカンド・パーティ・オピニオン(SPO)事業を、Moody’sのESGソリューションズ・グループからMoody’s Investor Service(MIS)の傘下の格付機関に移管することを発表した。この移行に伴い、Moody’sは、サステナビリティへの貢献と原則との整合性に基づく採点システムを導入した、SPOの枠組みの変更案を発表した。

Moody’sのSPOサービスは、企業、金融機関、ソブリンが発行する環境・社会・持続可能性に関連した債券やその枠組みについて、持続可能性への影響の評価、戦略的枠組みや市場基準との整合性などの意見を提供するものだ。この業務は、もともとESG調査・評価プロバイダーのVigeo Eirisの一部であったが、2019年にムーディーズが買収し、その後、Moody’sのESGに統合された。

Moody’sによると、この動きは、「グリーン、社会、サステナビリティ、サステナビリティに関連するラベル付き債券発行の信用に関する独立した見解に対する世界市場の需要の高まりに応えるため」、SPOを提供する能力を高めることになる。

サステナブル債の発行は過去数年で急増しており、2021年には60%以上の成長で約1兆ドル(約140兆円)に達する見込みだ。今年はこれまで市場の逆風が発行を圧迫してきたが、サステナブルボンドの発行額はより広い市場をアウトパフォームし、世界の発行総額の15%という記録的な水準に達している。Moody’sは、今年後半にグリーン、ソーシャル、サステナビリティ、サステナビリティ・リンク(GSSS)債の発行量が増加すると予測している。

MISが提案するSPOの枠組みは、3つの主要な要素を含んでいる。原則との整合性スコアは、金融商品や融資の枠組みがグリーン、社会、サステナビリティの原則やMISが特定したベストプラクティスと整合していると評価されることを示す。サステナビリティへの貢献度スコアは、資金を提供されるプロジェクトや資産、または主要なパフォーマンス目標が、発行者の長期にわたる持続可能性の発展を促進すると期待されるというMISの意見に基づいており、総合サステナビリティ品質スコアは整合性と貢献度に基づき、金融商品または融資枠組みの総合サステナビリティ品質に対する意見に基づくものだ。

【参考ページ】
(参考記事)Moody’s Transfers Sustainable Debt Opinion Service To Ratings Agency, Proposes New Assessment Framework

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る