PRIとEurosif、EUにCSRDでの気候変動対策計画の開示義務化を要請

投資家グループ、EUに気候変動対策計画の開示義務化を要請

4月11日、責任投資原則(PRI)と欧州持続可能投資フォーラム(Eurosif)は、EUに対し、次期『企業サステナビリティ報告指令(CSRD)』でのネット・ゼロ計画に関する情報開示の義務付けを要請した。

現在策定中のCSRDは、EUにおける非財務情報の開示フレームワークである、現行の『非財務情報開示指令(NFRD)』を大幅に更新する。新規則では、サステナビリティの開示を求められる企業数を現在の約12,000社から50,000社以上に大幅に拡大し、より詳細な報告要件を導入し、報告された情報について監査による保証を義務付ける。

【参照ページ】
(原文)Joint sustainable investment industry letter on CSRD
(日本語訳)投資家グループ、EUに気候変動対策計画の開示義務化を要請

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る