Smart Freight CentreとWBCSD、物流業界のネット・ゼロ・エミッションに向けた新ガイダンスの作成を発表

3月29日、貨物輸送に伴う温室効果ガスの排出削減に取り組む国際的なNPO団体である
Smart Freight Centreと持続可能な発展のための世界経済人会議 (WBCSD)は、物流業界のネット・ゼロ・エミッションに向けて、25社以上のグローバル企業との新しいガイダンスの共同開発を発表した。

本ガイダンスは、既存の2つのフレームワークを基に構築し、補完する。一つは Smart Freight Centre が作成した、物流排出量の算定と報告のためのフレームワーク『Global Logistics Emissions Council (GLEC) 』の第2版であり、もう一つは、WBCSDが作成した、製品レベルの炭素排出量データを算出するためのフレームワーク『Pathfinder』である。

ガイダンスは2022年末までに発行し、2023年1月にダボスで開催される世界経済フォーラム年次総会で正式に発表する。

【参照ページ】
(原文)New guidance being developed by 25+ global companies to support the logistics industry on their journey to net-zero emissions.
(日本語訳)25社以上のグローバル企業、物流業界のネット・ゼロ・エミッションに向けた新しいガイダンスの作成を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る