国連開発計画(UNDP)、日本政府の支援を受けて17カ国で人権基準を強化

4月4日、国連開発計画(UNDP)は、日本政府の資金提供による新しいプロジェクトを通じて、17カ国でビジネスにおける人権基準の改善への取り組みを発表した。

本プロジェクトは主に2つの目的を果たす。第一に、UNDPは有害な影響を評価、防止、緩和するための人権デューディリジェンス(HRDD)の実施を日本企業とそのサプライヤーに指導する。 第二に、対象17カ国において、ビジネス関連の人権侵害に取り組む政策の立案を支援する。

今回のプロジェクトは、国連人権機関(OHCHR)、国際労働機関(ILO)、経済協力開発機構(OECD)などとの連携のもと、UNDPの「持続可能な平和と発展のための法の支配、人権、正義および安全保障に関するグローバルプログラム」を通じて実施される。

【参照ページ】
(原文)UNDP promotes responsible business by strengthening human rights standards across 17 countries, with support from Japan
(日本語訳)国連連合開発計画(UNDP)、日本の支援を受けて17カ国で人権基準を強化

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る