国連開発計画(UNDP)、日本政府の支援を受けて17カ国で人権基準を強化

4月4日、国連開発計画(UNDP)は、日本政府の資金提供による新しいプロジェクトを通じて、17カ国でビジネスにおける人権基準の改善への取り組みを発表した。

本プロジェクトは主に2つの目的を果たす。第一に、UNDPは有害な影響を評価、防止、緩和するための人権デューディリジェンス(HRDD)の実施を日本企業とそのサプライヤーに指導する。 第二に、対象17カ国において、ビジネス関連の人権侵害に取り組む政策の立案を支援する。

今回のプロジェクトは、国連人権機関(OHCHR)、国際労働機関(ILO)、経済協力開発機構(OECD)などとの連携のもと、UNDPの「持続可能な平和と発展のための法の支配、人権、正義および安全保障に関するグローバルプログラム」を通じて実施される。

【参照ページ】
(原文)UNDP promotes responsible business by strengthening human rights standards across 17 countries, with support from Japan
(日本語訳)国連連合開発計画(UNDP)、日本の支援を受けて17カ国で人権基準を強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る