PepsiCo、新しいカスタマー・サステナビリティ・プラットフォームを発表

PepsiCo、新しいカスタマー・サステナビリティ・プラットフォームを発表

4月12日、PepsiCoは、顧客のサステナビリティ目標の達成を支援することを目的としたソリューションを提供する新しいプラットフォーム、「pep+ Partners for Tomorrow」を発表した。Partners for Tomorrowの立ち上げにより、PepsiCoは、顧客がサステナビリティ目標を達成するためのカスタムソリューションを探す際に、サポートすることができる。最初の立ち上げは米国の顧客に焦点を当てており、2024年までに主要な世界市場に本プログラムを拡大する計画である。

本プラットフォーム「Partners for Tomorrow」は、PepsiCoが提供する包括的なカスタマーサステナビリティを単一のプラットフォームの下に集約し、同社のパートナーが最も必要とするソリューションを提供し、パートナーと直接連携してイニシアティブを実施する。これらのプログラムは、サステナビリティと人的資本を中心に、長期的に持続可能な業績と価値を推進するために設計された戦略的なエンドツーエンドのビジネス変革であるpep+(PepsiCo Positive)に沿うものである。

Partners for Tomorrowは、PepsiCoが提供する最新のプログラムで、製品イノベーションからインサイトに至るまで、クラス最高の顧客能力スイートを補完する。

PepsiCoのpep+気候戦略は、製造、農業、包装、輸送、自動販売機、冷却装置など、サプライチェーンのすべてに焦点を当てており、顧客のサステナビリティ目標の達成にも貢献する。

PepsiCoのエンドツーエンドのサプライチェーンを改善する取り組みは、2040年までにPepsiCoのバリューチェーン全体でネット・ゼロエミッションを達成するというpep+の目標に向け、パリ協定の要請より10年早く進展させるとともに、顧客のスコープ3排出削減目標の達成に向けて支援することを目的としている。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo Debuts New Customer Sustainability Platform Designed To Deliver Critical Solutions Most Needed by Customers
(日本語訳)PepsiCo、新しいカスタマー・サステナビリティ・プラットフォームを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る