P&G、Engieとの過去最大の太陽光発電取引について発表

P&G、Engieとの過去最大の太陽光発電取引について発表

9月20日、Procter and Gamble(P&G)は、テキサス州ヒル郡にあるサンバレー再生可能エネルギープロジェクトにおいて、エネルギー供給会社であるENGIEと200MWの電力購入契約(PPA)を締結し、これまでで最大の太陽光発電に関する契約を締結したことを発表した。

本契約により、P&Gは年間53万MWh以上の再生可能エネルギーを供給し、年間36万7000トン以上のCO2相当を電力網から置き換えることが期待される。

P&Gは今回の合意について、2040年までのネット・ゼロ目標に向けた行動を加速させる計画の一環であると述べている。同社は昨年、ネット・ゼロの目標を発表し、2030年の中間目標として、事業所全体の排出量を50%、サプライチェーン全体の排出量を40%削減することを掲げている。

サンバレー・ソーラー・プロジェクトは、ENGIEが北米で稼働中または建設中の5GW以上の風力、太陽光、蓄電池の一部を構成している。ENGIEは昨年、90~100億ユーロの資産売却とともに、自然エネルギーとエネルギーソリューションへの大規模な投資計画を含む、大規模なリポジショニング戦略を発表している。同社は、2025年まで毎年3~4GWの追加を目指し、2030年までに80GWの自然エネルギー容量を見込んでおり、欧州、北米、中南米で陸上風力、洋上風力、太陽光などのプロジェクトを展開している。

【参照ページ】
(参考記事)P&G and ENGIE Collaborate on New Renewable Energy Project in Hill County, Texas

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る