炭素回収技術プロバイダーCMS、1,650万ドルを調達

8月2日、先進膜ソリューション企業のCompact Membrane Systems(CMS)は、1,650万ドル(約24億円)の資金を調達したと発表した。本資金調達の目的は、排出削減が困難な産業排出ガスに対応する同社の技術開発を支援することである。

1993年に設立されたデラウェア州を拠点とするCMS社は、温室効果ガス(GHG)排出の回収と削減に使用される膜を提供している。同社のソリューションは、モジュール化、電動化、費用対効果に優れており、再生、蒸気、化学溶剤の必要性をなくすよう設計されており、高コストやエネルギー集約度など、従来の炭素回収技術の問題点を解決している。

同社によると、今回の資金調達は、オレフィンと炭素回収ソリューションの開発と商業化を支援するもので、2026年までに完全に電化された低コストのソリューションを製造することを目標としている。

本資金調達ラウンドは、先端材料ベンチャーキャピタルのパンゲア・ベンチャーズが主導し、GCベンチャーズ、ソルベイ・ベンチャーズ、シェブロン・テクノロジー・ベンチャーズ、テクニップ・エナジーズを含む他の投資家とともに、パンゲア・ベンチャーズ・インパクト・ファンドの2番目の投資となった。

【参照ページ】
(原文)Compact Membrane Systems Raises Oversubscribed Series A Round to Develop Revolutionary Carbon Capture Technology
(日本語参考訳)炭素回収技術プロバイダーCMS、1,650万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る