ISSB、生物多様性と人的資本に関する新たな開示基準の策定を検討

ISSB、生物多様性と人的資本に関する新たな開示基準の策定を検討

4月23日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)は、生物多様性、生態系と生態系サービス、人的資本を含む主要なサステナビリティ関連分野におけるリスクと機会に関する企業の開示について研究する新たなプロジェクトを立ち上げる計画を発表した。

エマニュエル・ファーバーISSB委員長によると、この新しいプロジェクトは、「企業にとって重要な価値の源泉である」自然や人的資本に関する「情報開示の改善に対する投資家のニーズが著しく高まっている」という市場からのフィードバックを受けたものだという。

ISSBは、2021年11月のCOP26気候変動会議において、IFRSのサステナビリティ開示基準を策定することを目的に発足した。この目標は、投資家、企業、政府、規制当局からの要望を受け、サステナビリティのリスクと機会が企業の見通しに与える影響について一貫した理解を可能にする開示要件のグローバルなベースラインを提供することにある。

この新しいプロジェクトは、昨年発表された一般的な持続可能性報告基準(IFRS S1)と気候変動報告基準(IFRS S2)に続くもので、世界の多くの規制当局による新たな開示要求制度に情報を提供することが期待されており、すでに英国、カナダ、ブラジル、日本、韓国など、幅広い国・地域が基準の採用を表明している。

新基準の発表後、ISSBは次の2年間の作業計画に関する優先事項の協議を開始した。最近の会合で、理事会は今後の活動として、新たな研究・基準設定プロジェクトの開始、IFRS S1とIFRS S2の導入支援に加え、業界固有のSASB基準の強化、IFRSの持続可能性基準と財務情報開示基準との連結性の追求、持続可能性基準と他の基準との相互運用性の追求、利害関係者とのエンゲージメントなどの活動を優先することを決定した。

ISSBは、新たな研究プロジェクトを発表する声明の中で、自然と人的資本に焦点を当てたのは、協議の結果であると述べている。また、市場からのフィードバックにより、ISSBは人権に関連するリスクと機会に関するプロジェクトには着手しないことになった。

ISSBは、一般的な持続可能性開示基準であるIFRS S1が、すでにすべての持続可能性に関連するリスクと機会に関する重要な情報の報告を求めていることを指摘しながらも、新しいプロジェクトによって、「ISSBは、持続可能性に関連する財務情報開示のグローバルなベースラインを構築するために、より具体的な情報開示を確立するために必要な主要分野において、独自の基準設定作業に着手することができるようになる」と述べている。

ISSBは、この新しいプロジェクトのもとで、現在の性質と人的資本の開示の限界を評価・定義し、可能な解決策を特定し、基準設定が必要かどうかを決定すると述べている。

ISSBは、そのアプローチとして、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)の作業の関連部分を含め、関連する既存のイニシアティブからどのように構築するかを検討すると付け加えた。TNFDは昨年、自然関連のリスク管理と開示に関する独自の勧告を発表しており、ISSBは以前、TNFDの勧告が今後の基準設定に反映されると述べていた。

【参照ページ】
(原文)ISSB to commence research projects about risks and opportunities related to nature and human capital
(日本語参考訳)ISSB、自然と人的資本に関するリスクと機会に関する研究プロジェクトを開始する。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る