キャタピラーとCRH、電気式オフハイウェイ・トラックの導入に向けたパートナーシップを開始

キャタピラーとCRH、電気式オフハイウェイ・トラックの導入に向けたパートナーシップを開始

1月8日、建設・鉱山機械、エンジン、タービン、機関車の大手メーカーであるキャタピラーと、建材メーカーのCRHは、CRHの事業用にバッテリー式電気オフハイウェイ・トラックを開発・配備する新たな戦略的電動化契約を発表した。

両社によると、CRHは北米最大の骨材メーカーであり、キャタピラーと電動化契約を締結した業界初の企業である。

新契約の下、両社はキャタピラーの70~100トンクラスのバッテリー式電気オフハイウェイトラックと充電ソリューションの北米のCRH拠点への配備を加速させることに注力する。

CRHはまた、キャタピラーのバッテリー電気オフハイウェイ・トラックのアーリーラーナー・プログラムに参加し、実際の用途でユニットの試験と検証を行う。2021年に開始された同プログラムは、顧客の現場におけるキャタピラーのバッテリー電気トラックの開発と検証を加速させることに重点を置いている。CRHはまた、骨材業界の安全性、性能、運用、コンプライアンス要件に対応するフィードバックを通じて洞察を提供する。

両社によると、この合意はCRHの気候変動目標をサポートするもので、2030年までに炭素排出量の絶対量を2021年比で30%削減し、2050年までにネット・ゼロを達成するという目標が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Caterpillar Signs Strategic Agreement with CRH for Electric Off-Highway Trucks and Charging Solutions
(日本語参考訳)キャタピラーとCRH、電気式オフハイウェイ・トラックの導入に向けたパートナーシップを開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る