CDP、3,000社以上の企業がプラスチックの影響を初めて開示

11月13日、時価総額31兆米ドル(4,500兆円)を超える上場企業を含む3,000社以上の企業が、世界的な環境情報開示プラットフォームであるCDPを通じて、初めてプラスチックの生産と使用に関する情報を開示した。CDPはプラスチックに関する開示を2023年から求めていた。

初年度となる2023年は、最も問題の多いプラスチック(プラスチックポリマー、耐久性プラスチック、プラスチック包装材)の生産、使用、廃棄について、バリューチェーン全体で報告するよう企業に要請。開示企業には、ユニリーバ、住友化学、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの有名企業が含まれ、エレクトロニクス、食品・飲料加工から化学、鉱業に至るまで、影響の大きい部門に及んでいる。

金融機関もまた、プラスチックの情報開示に関する規制を求めている。コラー・キャピタルやグリーンセンチュリーファンドを含む、運用資産3兆5,000億米ドル(約500兆円)を超える48の主要金融機関が、世界プラスチック条約に野心的な企業情報開示義務メカニズムを盛り込むことを求める各国政府への公開書簡に署名した。

CDPのプラスチック情報開示初年度の全調査結果は、2024年春に発表される予定である。CDPは、エレン・マッカーサー財団、ピュー・チャリタブル・トラスト、ミンダルー財団、WWFと協力し、気候変動に匹敵するプラスチック情報開示の仕組みを構築している。

【参照ページ】
(原文)3,000+ companies disclose plastic impacts for the first time ahead of landmark Global Plastics Treaty negotiations
(日本語参考訳)CDP、3,000社以上の企業がプラスチックの影響を初めて開示

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る