SBTi、金融機関向けに「短期基準案V2」の試行募集を開始

11月24日、サイエンス・ベースド・ターゲット・イニシアティブ(SBTi)は、金融機関向け近未来基準・勧告バージョン2.0(FINT基準V2)の試験的導入に向け、金融機関(FI)の新たな募集を開始した。

SBTiは、2023年6月にFINT基準V2のコンサルテーション・ドラフトを公表し、「金融セクターの科学的根拠に基づく中期目標ガイダンス」、「金融機関のためのFIネット・ゼロ(FINZ)基準概念フレームワークおよび初期基準」、「化石燃料金融ポジションペーパー」ドラフトとともに、一般からのフィードバックを求めている。

SBTiは現在、受け取った回答をレビューし、フィードバックに沿ってFINT基準草案V2を更新し、化石燃料金融ポジションペーパー草案の基準の一部を組み込んでいる。

パイロットテストから得られた知見は、FINT基準V2の最終版の作成をサポートし、SBTiのテクニカルガバナンスに沿ってレビュー後、承認される。最終的なFINT基準V2は、2024年の発行と同時に使用可能となる。既存のFINT基準V1.1は、最終的なFINT基準V2の発行6ヵ月後に運用可能となる。

SBTiで検証された目標を有する金融機関は、その検証日から5年間は目標を更新する必要はなく、その時点で目標は利用可能な最新の基準に合わせる必要がある。ただし、できるだけ早く最新の基準に更新することが奨励される。

【参照ページ】
(原文)SBTi Opens Call for Financial Institutions to Pilot its Draft Near-Term Criteria V2
(日本語参考訳)SBTi、金融機関向けに「短期基準案V2」の試行募集を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る