レゴ、排出量削減のために2,000億円以上を投資。2050年までにネット・ゼロを約束

レゴ、排出量削減のために2,000億円以上を投資。2050年までにネット・ゼロを約束

8月30日、レゴ・グループは、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するという誓約や、環境サステナビリティイニシアティブへの投資を今後3年間で3倍の14億ドル(約2,040億円)以上に増やす計画など、気候変動に焦点を当てた一連のコミットメントを発表した。

同社はまた、Scope 1(工場、オフィス、店舗からの直接排出)、Scope 2(購入エネルギーからの排出)、Scope 3(企業のサプライチェーンからの排出)をカバーする排出削減目標を策定するため、Science Based Targets initiative(SBTi)と協力すると付け加えた。レゴ・グループの排出フットプリントの98%は、サプライチェーンに起因する。

レゴ・グループの新たなネット・ゼロ目標は、2032年までに37%の排出量削減を達成するという、2020年に発表されたSBTi公約の延長線上にある。

同社は、今後3年間の環境サステナビリティ投資計画について、工場や建物をカーボンニュートラルに設計すること、工場での再生可能エネルギーの生産を増やすこと、工場やオフィス、店舗で再生可能エネルギーを購入することなど、いくつかの重点分野を概説した。

レゴ・グループは、サプライチェーンにおいて、2014年に設立された「Engage-to-Reduce」プログラムを通じてサプライヤーと協力し、環境への影響を低減していくと述べた。

さらに、主要な投資についてシャドウ・カーボン・プライシングを統合し、2024年から役員報酬に炭素KPIを追加し、従業員の出張を減らすために責任ある出張方針を追求し、特に国際航空便に重点を置くと述べた。

【参照ページ】
(原文)The LEGO Group pledges to achieve net-zero emissions by 2050
(日本語参考訳)レゴ、排出量削減のために2,000億円以上を投資。2050年までにネット・ゼロを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る