循環型電池材料のRedwood、米国での生産能力増強のため1,460億円以上を調達

循環型電池材料のRedwood、米国での生産能力増強のため1,460億円以上を調達

8月29日、サーキュラー・エコノミーを重視する電池材料のRedwoodは、シリーズDエクイティ・ラウンドで10億ドル(約1,460億円)以上を調達したと発表した。同社によると、今回の資金調達で得た資金は、生産能力の増強と国内サプライチェーンの拡大に充てられる。

テスラの共同創業者で元CTOのJB Straubelが2017年に設立したネバダ州に本拠を置くRedwoodは、リチウムイオン電池のクローズドループの国内サプライチェーンを構築することに重点を置き、電池材料の回収、リサイクル、精製、再製造を行っている。同社は主要な電池要素の95%を回収し、原材料を米国の電池メーカーに供給しており、2025年までに年間100万台のEV、2030年までに年間500万台のEVに十分な負極と正極を生産することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Redwood Materials raises over $1 billion in Series D investment round
(日本語参考訳)循環型電池材料のRedwood、米国での生産能力増強のため1,460億円以上を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る