循環型電池材料のRedwood、米国での生産能力増強のため1,460億円以上を調達

循環型電池材料のRedwood、米国での生産能力増強のため1,460億円以上を調達

8月29日、サーキュラー・エコノミーを重視する電池材料のRedwoodは、シリーズDエクイティ・ラウンドで10億ドル(約1,460億円)以上を調達したと発表した。同社によると、今回の資金調達で得た資金は、生産能力の増強と国内サプライチェーンの拡大に充てられる。

テスラの共同創業者で元CTOのJB Straubelが2017年に設立したネバダ州に本拠を置くRedwoodは、リチウムイオン電池のクローズドループの国内サプライチェーンを構築することに重点を置き、電池材料の回収、リサイクル、精製、再製造を行っている。同社は主要な電池要素の95%を回収し、原材料を米国の電池メーカーに供給しており、2025年までに年間100万台のEV、2030年までに年間500万台のEVに十分な負極と正極を生産することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Redwood Materials raises over $1 billion in Series D investment round
(日本語参考訳)循環型電池材料のRedwood、米国での生産能力増強のため1,460億円以上を調達

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る