Lenovo、アジア太平洋地域の団体と提携しデジタルスキルの習得機会を提供

8月12日、電子機器大手Lenovoは、同日に制定された「International Youth Day 2022」の目標に沿って、アジア太平洋地域の若者組織とパートナーシップを締結した。若者向けに将来すぐに役立つデジタルスキルやテクノロジーへのアクセスを提供していく。

受益者パートナーには、TNS India Foundation(TNSIF)、オーストラリアとニュージーランドのCode Like A Girl、日本のWaffle、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールなどのASEAN全域と中国の香港特別行政区の市場におけるSolve Education!が含まれている。

Lenovoは、慈善事業プログラムやパートナーシップを通じて、世界中で1,500万人の生活を改善するために取り組んでいる。また、新しいLenovo TransforME助成金プログラムでは、技術習得を通じて2025年までに100万人の生活を変革することに注力している。同社は、アジア太平洋地域の組織との長年のパートナーシップを通じて、特に十分なサービスを受けていない若者のSTEM教育へのアクセスと関心を向上させている。

【参照ページ】
(原文)Lenovo partners with organizations across Asia Pacific to upskill youth with future-ready tech skills
(日本語訳)電子機器大手Lenovo、アジア太平洋地域の団体と提携しデジタルスキルの習得機会を提供

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る