キルヒホフ、H2グリーンスチールと約200億円のグリーンスチール供給契約を締結

1月16日、世界的な自動車部品サプライヤーであるキルヒホフ・オートモーティブは、同社のサプライチェーンを脱炭素化し、持続可能な目標を達成するため、スウェーデンのH2グリーンスチールと1億3,000万ユーロ(約200億円)を投じてゼロエミッションに近い鉄鋼を納入する7年間の契約を締結したことを発表した。

鋼材はキルヒホフ・オートモーティブのサプライチェーンにおける主要な構成要素であり、同社が購入する原材料の半分を占めている。

製鉄は、世界的に最もCO2を排出するセクターのひとつであり、同セクターからのGHG総排出量は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7〜9%を占める。

2020年に設立されたH2グリーン・スチールは、スウェーデンのボーデンに主力となるグリーン・スチール・プラントを開発中で、本プロジェクトには、鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。同社は、酸化鉄から酸素を除去するためにグリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2排出の大部分を回避し、製造工程で発生するエネルギー需要には100%再生可能な資源からの電力を使用する。H2グリーン・スチールは2025年の生産開始を目指しており、2030年までに500万トンのほぼ化石燃料を使用しない鉄鋼を生産する計画だ。

H2グリーンスチールのボーデン工場から欧州各地のキルヒホフ工場へのグリーンスチールの納入は、2027年に開始される予定である。 両社はまた、鉄スクラップ量の少なくとも30%をボーデンのH2グリーンスチールの電気炉に戻し、リサイクルすることを目標に、循環型イニシアティブに共同で取り組む。

【参照ページ】
(原文)KIRCHHOFF Automotive and H2 Green Steel in €130 million deal for supply near zero emissions steel
(日本語参考訳)キルヒホフ、H2グリーンスチールと200億円のグリーンスチール供給契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る