石油大手Chevron、水素・アンモニア製造施設開発でAir Liquideなどと共同研究

10月19日、米国石油大手Chevronは、フランス産業ガス大手Air Liquide、米国科学大手LyondellBasell、ドイツエネルギー大手Uniperと、米国メキシコ湾岸における水素およびアンモニア製造施設の開発に向けた共同研究を行うと発表した。

本施設は、同地域における産業の脱炭素化およびモビリティ用途をサポートし、クリーンなアンモニアの輸出を拡大することで、低炭素電力の供給増加に貢献する。

水素・アンモニアは、燃焼しても二酸化炭素を排出しないことから、脱炭素化に向けたエネルギーとして注目されている。Chevronなどのコンソーシアムは、共同研究を通じて、アンモニア・石油化学・電力プラントやモビリティ市場などに対して、再生可能エネルギーを利用して製造するグリーン水素や、天然ガスを基にCO2の回収・貯留(CCS)を活用して生産されるブルー水素の供給可能性のアセスメントを行うとしている。

開発が進めば、パイプライン・インフラを含むメキシコ湾岸地域の利点を活用し、より低炭素で再生可能な水素を地域の産業クラスターに供給できる。同様に、アンモニアインフラは、欧州とアジア太平洋地域の両方への輸出をサポートする。

【参照ページ】
(原文)Air Liquide, Chevron, LyondellBasell, and Uniper to pursue lower carbon hydrogen and ammonia project along the U.S. Gulf Coast
(日本語訳)石油大手Chevron、水素・アンモニア製造施設開発でAir Liquideなどと共同研究

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る