小島プレス工業、サイバー攻撃により稼働停止。トヨタ、日野にも影響

小島プレス工業、稼働停止。トヨタ、日野にも影響

2月28日、小島プレス工業株式会社のシステム障害の発表を受け、トヨタ自動車や日野自動車が国内工場の稼働停止を発表した。

トヨタ自動車は国内全14工場28ラインの稼働停止を、日野自動車は古河工場および羽村工場第1・第2・第4ラインの稼働停止を決定している。

樹脂部品などを手掛ける小島プレスはトヨタ系の取引先である部品メーカー。2月26日夜に社内サーバーに障害を確認し、27日以降ネットワークを遮断。その後一部復旧により稼働継続を試みるも、困難と判断し発表に至った。トヨタ自動車によると、今回の稼働停止による減産台数は約1万3000台だという。

【参照ページ】
2022年3月 国内工場の稼働について(2/28時点)
【お知らせ】国内工場の稼働停止について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る