欧州委員会、気候変動の目標達成に向けたEU経済・社会の変革を提案

eu

7月14日、欧州委員会は、2030年までに温室効果ガスの純排出量を1990年比で少なくとも55%削減するために、EUの気候、エネルギー、土地利用、交通、税制を適切なものにするための提案パッケージを採択した。欧州が2050年までに世界初の気候変動のない大陸となり、欧州版グリーンディールを実現するためには、今後10年間でこのような排出削減を達成することが極めて重要であるとした。

提案範囲は、EU排出件取引制度(ETS)、加盟国への削減目標割当、土地利用、エネルギー、輸送・交通、税制、国境炭素税に及ぶ。

【参照ページ】European Green Deal: Commission proposes transformation of EU economy and society to meet climate ambitions

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る