米国環境保護庁、大型エンジン・車両に関する第3次温室効果ガス基準について意見を募集

8月15日、米国環境保護庁(EPA)は、中小企業代表に対し、中小企業擁護審査(SBAR)パネルに参加するよう呼びかけた。本パネルは、2030年モデルから適用される大型エンジンおよびトラックに対する温室効果ガス(GHG)要件の新段階を設定することを提案する、同庁の規則策定に焦点を当てるものである。

EPAは、2011年に大型車に対するGHG要件を初めて採用した。フェーズ1規則では、排出ガスや燃費試験ではなく、車両のCO2排出量と燃費のコンピュータシミュレーションに基づく新しい認証・遵守プログラムを創設し、性能ベースの基準を設定した。フェーズ1基準は、大型車を対象に2014年モデルイヤーから適用が開始された。そして、2016年に、より厳しいCO2基準と、ハイドロフルオロカーボン・メタン・亜酸化窒素の3つの温室効果ガスの制限値を設定したフェーズ2規則を採択した。フェーズ2基準は、2021年モデルから適用されている。

今回のフェーズ3では、すでに実施されている基本的な認証・遵守体制に依拠しつつ、大型車のGHG排出量規制の改定を提案する予定である。フェーズ3の規則案では、以下の変更が予定されている。

  • エンジンメーカーと自動車メーカーによる温室効果ガス排出削減技術の使用に関する改訂予測に基づいた、2030年モデルから適用される厳しい自動車排出ガス基準値。 新基準の策定において、EPAは、大型車部門からの大気汚染を大幅に削減するゼロエミッション車(ZEV)技術の重要な役割を考慮
  • 中小企業のための限定的かつ的を絞った柔軟性の提供

【参照ページ】
(原文)EPA Seeks Input on the Phase 3 Greenhouse Gas Standard Rulemaking for Heavy-Duty Engines and Vehicles
(日本語訳)米国環境保護庁、大型エンジン・車両に関する第3次温室効果ガス基準について意見を募集

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る