米国環境保護庁、大型エンジン・車両に関する第3次温室効果ガス基準について意見を募集

8月15日、米国環境保護庁(EPA)は、中小企業代表に対し、中小企業擁護審査(SBAR)パネルに参加するよう呼びかけた。本パネルは、2030年モデルから適用される大型エンジンおよびトラックに対する温室効果ガス(GHG)要件の新段階を設定することを提案する、同庁の規則策定に焦点を当てるものである。

EPAは、2011年に大型車に対するGHG要件を初めて採用した。フェーズ1規則では、排出ガスや燃費試験ではなく、車両のCO2排出量と燃費のコンピュータシミュレーションに基づく新しい認証・遵守プログラムを創設し、性能ベースの基準を設定した。フェーズ1基準は、大型車を対象に2014年モデルイヤーから適用が開始された。そして、2016年に、より厳しいCO2基準と、ハイドロフルオロカーボン・メタン・亜酸化窒素の3つの温室効果ガスの制限値を設定したフェーズ2規則を採択した。フェーズ2基準は、2021年モデルから適用されている。

今回のフェーズ3では、すでに実施されている基本的な認証・遵守体制に依拠しつつ、大型車のGHG排出量規制の改定を提案する予定である。フェーズ3の規則案では、以下の変更が予定されている。

  • エンジンメーカーと自動車メーカーによる温室効果ガス排出削減技術の使用に関する改訂予測に基づいた、2030年モデルから適用される厳しい自動車排出ガス基準値。 新基準の策定において、EPAは、大型車部門からの大気汚染を大幅に削減するゼロエミッション車(ZEV)技術の重要な役割を考慮
  • 中小企業のための限定的かつ的を絞った柔軟性の提供

【参照ページ】
(原文)EPA Seeks Input on the Phase 3 Greenhouse Gas Standard Rulemaking for Heavy-Duty Engines and Vehicles
(日本語訳)米国環境保護庁、大型エンジン・車両に関する第3次温室効果ガス基準について意見を募集

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る