AvantiumとAmBev、清涼飲料水ボトル用PEFのオフテイク契約に調印

8月17日、再生可能化学分野のリーディングカンパニーであるAvantium N.V.は、世界最大のビール会社であるAB InBevグループ傘下のブラジルのビール会社AmBevとオフテイク契約を締結したと発表した。AmBevは、100%植物由来でリサイクル可能なプラスチック代替材料であるPEF(ポリエチレンフラノエート)をAvantiumのフラッグシップ工場から購入し、同社の清涼飲料用ボトルの製造に使用する予定だ。

Avantiumは、オランダのデルフゼイルに植物由来の糖類からFDCA(フランジカルボン酸)を製造する世界初の商業プラントを建設している。FDCAは、現在広く使用されている石油系包装材料と比較して優れた性能特性を持つ、植物由来のリサイクル性の高いプラスチック材料PEFを製造するための主要な原料である。

同社は、2023年末までにこのFDCAフラッグシップ・プラントを開設し、2024年以降のPEFの商業的な立ち上げを可能にする予定だという。

【参照ページ】Avantium and AmBev sign offtake agreement on PEF for soft drink bottles

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る