中国、ESG評価フレームワークの開発を開始

8月9日、中国企業改革研究院が主催した「企業ESG評価システム」の団体基準に関する評価会議において、企業ESG評価作業の基礎とガイドラインを提供する3段階の評価指標システムを構築するプロジェクトが発足した。

中国企業改革研究院は4月、中国初の企業ESG情報開示基準を制定・公表した。同ガイドラインは世界的なESG情報開示要求を受けて整備されたものであり、首都経済商科大学が策定を主導した。

第18回党大会以降、党と政府はグリーン開発と持続可能な開発を非常に重視し、一連の政策文書を公表している。 2013年から2022年までの政府の作業報告によると、ESGに関する課題は政府の優先事項であり、「イノベーション・コーディネーション・グリーン・オープン・共有」の開発コンセプトと、より高品質・効率性・公平性・サステナビリティ・安全性を追求するという開発目標を掲げている。

 ESGの概念は、企業の質の高い発展を識別するための重要な指標として、中国の「二重炭素」戦略目標と生態学的文明構築目標と非常に一致しており、企業の持続的発展を促進する方法論である。 中国内のESG投資市場の拡大に伴い、企業ESG評価に対する投資機関の需要は急速に高まっている。 中国企業研究院は、この機会を利用して、優越的資源を統合し、交流と協力を深め、企業ESG評価の標準化、標準化、科学的化をさらに推進し、新たな開発パターンのもとで、企業が質の高い発展を実現するよう支援すると述べている。

【参照ページ】
(原文)李华常务副秘书长在《企业ESG披露指南》团体标准发布会
《企业ESG评价体系》团体标准立项评估会在京召开
(日本語訳)中国、ESG評価フレームワークの開発を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る