ESG Book、企業がESG格付けの背景にあるデータにアクセスできるソリューションの提供を開始

ESG Book、企業がESG格付けの背景にあるデータにアクセスできるソリューションの提供を開始

4月18日、サステナビリティ・データ&テクノロジー企業のESG Bookは、企業がサステナビリティ・パフォーマンスと報告を管理、評価、強化し、ESGスコアや格付けの根拠となるデータを透明化することを目的とした新しいソリューション「企業ESGダッシュボード」の提供を開始したことを発表した。

ESG Bookによると、本ツールは、サステナビリティ関連のパフォーマンスに対する投資家、規制当局、利害関係者の監視が強まり、ESGデータの収集、分析、報告にかかるコストが上昇する中、企業がESGデータの管理および開示に関する複雑化する課題に対処できるようにするために発表された。

同社は、持続可能性アドバイザリー会社であるERMの調査に基づき、上場企業がESG格付け関連費用に年間最大48万ドル(約6,447万円)を費やしていること、また多くの企業が、格付けが実際のESGパフォーマンスを正確に反映しているという確信がないことを指摘した。

14万件以上の開示情報を網羅した本ツールにより、ユーザーは企業のESGパフォーマンスを分析・最適化し、ESGスコアから基礎となるソースデータまで掘り下げて透明性を高め、同業他社に対するパフォーマンスのベンチマークを行うことができる。また、本ソリューションには、企業が報告要件をナビゲートするための政策・規制データベースが含まれており、企業はリアルタイムでステークホルダーに直接ESGデータを開示、検証、更新することが可能である。

【参照ページ】
(参考記事)ESG Book Launches Corporate ESG Dashboard

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る