ESG Book、企業がESG格付けの背景にあるデータにアクセスできるソリューションの提供を開始

ESG Book、企業がESG格付けの背景にあるデータにアクセスできるソリューションの提供を開始

4月18日、サステナビリティ・データ&テクノロジー企業のESG Bookは、企業がサステナビリティ・パフォーマンスと報告を管理、評価、強化し、ESGスコアや格付けの根拠となるデータを透明化することを目的とした新しいソリューション「企業ESGダッシュボード」の提供を開始したことを発表した。

ESG Bookによると、本ツールは、サステナビリティ関連のパフォーマンスに対する投資家、規制当局、利害関係者の監視が強まり、ESGデータの収集、分析、報告にかかるコストが上昇する中、企業がESGデータの管理および開示に関する複雑化する課題に対処できるようにするために発表された。

同社は、持続可能性アドバイザリー会社であるERMの調査に基づき、上場企業がESG格付け関連費用に年間最大48万ドル(約6,447万円)を費やしていること、また多くの企業が、格付けが実際のESGパフォーマンスを正確に反映しているという確信がないことを指摘した。

14万件以上の開示情報を網羅した本ツールにより、ユーザーは企業のESGパフォーマンスを分析・最適化し、ESGスコアから基礎となるソースデータまで掘り下げて透明性を高め、同業他社に対するパフォーマンスのベンチマークを行うことができる。また、本ソリューションには、企業が報告要件をナビゲートするための政策・規制データベースが含まれており、企業はリアルタイムでステークホルダーに直接ESGデータを開示、検証、更新することが可能である。

【参照ページ】
(参考記事)ESG Book Launches Corporate ESG Dashboard

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る