Nasdaq、CIXの炭素クレジット・プラットフォーム向けに取引所技術を提供

6月28日、資本市場テクノロジーおよび取引所企業のNasdaqは、炭素取引所およびマーケットプレイスのClimate Impact X(CIX)と新たな戦略的技術パートナーシップを締結したと発表した。新しいパートナーシップは、自主的な炭素市場における価格の透明性と流動性を高め、NasdaqはCIXが今後行う炭素クレジットのスポット取引に、同社のマッチング技術を提供する予定だ。

シンガポールを拠点とするCIXは、DBS、シンガポール取引所(SGX)、Standard Chartered、Temasekによる共同事業として昨年発足し、買い手と売り手のさまざまなニーズに対応した独自のプラットフォームと商品を提供し、衛星モニタリング、機械学習、ブロックチェーン技術を活用して炭素クレジットの透明性、完全性、品質を向上させることを目的としている。本取引所は、森林、マングローブ、沿岸生息地などの自然生態系を保護、回復、成長させる自然ベースのソリューションへのアクセスを提供する。

2023年初頭に開設が予定されているスポット取引所は、CIXの3番目のプラットフォームとなる予定だ。Nasdaqのパートナーシップは、炭素クレジットに対する独自の要件を持つ買い手と売り手のマッチングという炭素取引所の重要な課題の1つに取り組み、プロジェクトの種類や場所など、価値に影響を与えるさまざまな属性を持つ可能性のある炭素クレジットを扱う。

パートナーによると、当技術は市場に「取引所レベルの取引機能」をもたらし、透明性のある価格シグナルとリアルタイムの市場データを通じて、買い手と売り手の複雑なニーズに対応するものだという。

新しいパートナーシップは、今月初めにCIXとNasdaqのPuro.earthが、自然環境と技術に基づく除去クレジットを混合した炭素クレジットポートフォリオの提供に合意したのに続き、両社の協力関係を継続するものである。

【参照ページ】
(原文)Climate Impact X Selects Nasdaq Technology to Power New Global Carbon Exchange

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る