Energy Dome、CO2ベースの電力貯蔵ソリューションの拡張のため約15億円を調達

6月28日、エネルギー貯蔵ソリューションプロバイダーのEnergy Domeは、CO2ベースの実用規模エネルギー貯蔵ソリューションの商業展開を拡大するために、転換資金調達ラウンドで1100万ドル(約15億円)を調達したと発表した。

エネルギー貯蔵ソリューションは、エネルギー転換のための重要な投資分野として浮上している。風力や太陽光などの多くの再生可能エネルギー源が断続的に発電する性質があり、24時間体制でエネルギー需要を満たしながら、エネルギーを無駄にしないことが求められる。そのため、貯蔵は急速に拡大するクリーンエネルギー転換の主要な構成要素の1つとなっている。

2019年に設立されたEnergy Domeは、熱力学的プロセスを利用してCO2を作動流体として使用し、最大24時間エネルギーを貯蔵し、必要に応じてグリッドに戻すことができる「CO2バッテリー」を用いて太陽光や風力発電を発送可能にして、再生可能エネルギーの利用拡大を可能にしていく。

本資金調達は、「CO2バッテリー」の商業展開に使用される予定だ。同社は、実用規模20MW、200MWh、持続時間10時間のエネルギー貯蔵プロジェクトに関連する長リードタイムのターボ機械設備の発注を行うとしている。

【参照ページ】
(原文)ENERGY DOME CLOSES $11M CONVERTIBLE ROUND TO ACCELERATE COMMERCIAL DEPLOYMENT OF CO2 BATTERY

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る