ホテルチェーンIberostar、2030年までにカーボンニュートラル実現を約束

ホテルチェーンIberostar、2030年までにカーボンニュートラル実現を約束

11月9日、世界的な観光企業でホテルグループのIberostarは、2030年までにカーボンニュートラルを達成する目標を含む、一連の気候に関するコミットメントを発表した。

Iberostarの排出量削減ロードマップは、Science Based Targets Initiative (SBTi) の検証を受けており、2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を85%、スコープ3の排出量を50%削減するという目標が含まれている。

スコープ3の排出量は、Iberostarのカーボンフットプリントの77%を占めている。同グループは、商品とサービスの購入・資本財・下流のリース資産・燃料とエネルギーに関連する活動・従業員の輸送・出張・廃棄物という7つの温室効果ガス削減カテゴリーを含み、 排出量のすべての重要な要素をカバーしている。

同社は本計画により、年間のCO2排出量を59万4,000トン削減できると見込んでいる。

ロードマップの他の目標としては、エネルギー消費量を35%削減し、すべての目的地で再生可能エネルギーの使用を実施し、新築および改築の際にネット・ゼロ・ビルに移行することなどがある。同社は、残りの排出量を、生態系を保護・回復する自然ベースのソリューションで補うとしている。

スペインの多国籍企業で、16カ国に100以上の4つ星・5つ星ホテルを擁する同社は、今週エジプトのシャルムエルシェイクで開催されるCOP27で、脱炭素化のロードマップと戦略を発表する予定である。

【参照ページ】
(原文)SUSTAINABLE HOTEL GROUP IBEROSTAR TO BE CARBON NEUTRAL BY 2030, 20 YEARS AHEAD OF THE INDUSTRY’S GLOBAL TARGET
(日本語訳)持続可能なホテルグループイベロスターは、業界のグローバル目標より20年早く、2030年までにカーボンニュートラルを達成

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る