ホテルチェーンIberostar、2030年までにカーボンニュートラル実現を約束

ホテルチェーンIberostar、2030年までにカーボンニュートラル実現を約束

11月9日、世界的な観光企業でホテルグループのIberostarは、2030年までにカーボンニュートラルを達成する目標を含む、一連の気候に関するコミットメントを発表した。

Iberostarの排出量削減ロードマップは、Science Based Targets Initiative (SBTi) の検証を受けており、2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を85%、スコープ3の排出量を50%削減するという目標が含まれている。

スコープ3の排出量は、Iberostarのカーボンフットプリントの77%を占めている。同グループは、商品とサービスの購入・資本財・下流のリース資産・燃料とエネルギーに関連する活動・従業員の輸送・出張・廃棄物という7つの温室効果ガス削減カテゴリーを含み、 排出量のすべての重要な要素をカバーしている。

同社は本計画により、年間のCO2排出量を59万4,000トン削減できると見込んでいる。

ロードマップの他の目標としては、エネルギー消費量を35%削減し、すべての目的地で再生可能エネルギーの使用を実施し、新築および改築の際にネット・ゼロ・ビルに移行することなどがある。同社は、残りの排出量を、生態系を保護・回復する自然ベースのソリューションで補うとしている。

スペインの多国籍企業で、16カ国に100以上の4つ星・5つ星ホテルを擁する同社は、今週エジプトのシャルムエルシェイクで開催されるCOP27で、脱炭素化のロードマップと戦略を発表する予定である。

【参照ページ】
(原文)SUSTAINABLE HOTEL GROUP IBEROSTAR TO BE CARBON NEUTRAL BY 2030, 20 YEARS AHEAD OF THE INDUSTRY’S GLOBAL TARGET
(日本語訳)持続可能なホテルグループイベロスターは、業界のグローバル目標より20年早く、2030年までにカーボンニュートラルを達成

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る