ホテルチェーンIberostar、2030年までにカーボンニュートラル実現を約束

ホテルチェーンIberostar、2030年までにカーボンニュートラル実現を約束

11月9日、世界的な観光企業でホテルグループのIberostarは、2030年までにカーボンニュートラルを達成する目標を含む、一連の気候に関するコミットメントを発表した。

Iberostarの排出量削減ロードマップは、Science Based Targets Initiative (SBTi) の検証を受けており、2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を85%、スコープ3の排出量を50%削減するという目標が含まれている。

スコープ3の排出量は、Iberostarのカーボンフットプリントの77%を占めている。同グループは、商品とサービスの購入・資本財・下流のリース資産・燃料とエネルギーに関連する活動・従業員の輸送・出張・廃棄物という7つの温室効果ガス削減カテゴリーを含み、 排出量のすべての重要な要素をカバーしている。

同社は本計画により、年間のCO2排出量を59万4,000トン削減できると見込んでいる。

ロードマップの他の目標としては、エネルギー消費量を35%削減し、すべての目的地で再生可能エネルギーの使用を実施し、新築および改築の際にネット・ゼロ・ビルに移行することなどがある。同社は、残りの排出量を、生態系を保護・回復する自然ベースのソリューションで補うとしている。

スペインの多国籍企業で、16カ国に100以上の4つ星・5つ星ホテルを擁する同社は、今週エジプトのシャルムエルシェイクで開催されるCOP27で、脱炭素化のロードマップと戦略を発表する予定である。

【参照ページ】
(原文)SUSTAINABLE HOTEL GROUP IBEROSTAR TO BE CARBON NEUTRAL BY 2030, 20 YEARS AHEAD OF THE INDUSTRY’S GLOBAL TARGET
(日本語訳)持続可能なホテルグループイベロスターは、業界のグローバル目標より20年早く、2030年までにカーボンニュートラルを達成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る