LeapFrog、途上国の気候変動対策に約689億円以上を投資

LeapFrog、途上国の気候変動対策に約689億円以上を投資

7月11日、インパクト重視の投資会社LeapFrogは、アフリカとアジアにおける気候変動との闘いにおいて、5,000万人の低所得者層にグリーンなツールやテクノロジーを提供することを目指し、気候ソリューション企業に5億ドル(約689億円)以上を投資する計画を発表した。

2008年に設立されたLeapFrogは、アジアとアフリカの新興市場において、ヘルスケア、金融サービス、気候変動対策事業など、高成長のグローバル市場における優れた事業に投資し、成長性、収益性、影響力の「飛躍」を可能にすることを目指している。

新たなコミットメントの下、同社は、建築環境、エネルギー、モビリティ、食品分野に注力する計画であり、2030年までに8ギガトンの温室効果ガス排出を回避しつつ、9000万人の新規雇用を創出することを期待していると述べた。

本発表は、ジョン・ケリー米国気候担当特使とグラント・シャップス英国エネルギー安全保障担当国務長官が主催した米英気候金融動員フォーラムで行われた。

同社によると、新興市場におけるグリーンビジネスへの資金は、過去10年間で毎年28%増加しているが、クリーンな代替エネルギーへの転換を支援するために必要な年間投資額3300億ドル(約45兆円)の5%にも満たない。

LeapFrogの最近の投資先には、世界最大のオフグリッド太陽エネルギー企業であるサンキングがあり、1億200万人に恩恵を与え、60億ドル(約8,276億円)のエネルギーコストを削減している。また、南アジアで電気自動車に革命を起こすモビリティ・プラットフォームのCarDekhoが2億5000万ドル(約344億円)の投資を獲得するのを支援した。

【参考ページ】
(原文)FUND SOLUTIONSLeapFrog Commits US$500 Million to Asian, African Climate Solutions
(日本語訳)ファンド・ソリューションズLeapFrog、アジアとアフリカの気候ソリューションに5億ドルを拠出

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る