LeapFrog、途上国の気候変動対策に約689億円以上を投資

LeapFrog、途上国の気候変動対策に約689億円以上を投資

7月11日、インパクト重視の投資会社LeapFrogは、アフリカとアジアにおける気候変動との闘いにおいて、5,000万人の低所得者層にグリーンなツールやテクノロジーを提供することを目指し、気候ソリューション企業に5億ドル(約689億円)以上を投資する計画を発表した。

2008年に設立されたLeapFrogは、アジアとアフリカの新興市場において、ヘルスケア、金融サービス、気候変動対策事業など、高成長のグローバル市場における優れた事業に投資し、成長性、収益性、影響力の「飛躍」を可能にすることを目指している。

新たなコミットメントの下、同社は、建築環境、エネルギー、モビリティ、食品分野に注力する計画であり、2030年までに8ギガトンの温室効果ガス排出を回避しつつ、9000万人の新規雇用を創出することを期待していると述べた。

本発表は、ジョン・ケリー米国気候担当特使とグラント・シャップス英国エネルギー安全保障担当国務長官が主催した米英気候金融動員フォーラムで行われた。

同社によると、新興市場におけるグリーンビジネスへの資金は、過去10年間で毎年28%増加しているが、クリーンな代替エネルギーへの転換を支援するために必要な年間投資額3300億ドル(約45兆円)の5%にも満たない。

LeapFrogの最近の投資先には、世界最大のオフグリッド太陽エネルギー企業であるサンキングがあり、1億200万人に恩恵を与え、60億ドル(約8,276億円)のエネルギーコストを削減している。また、南アジアで電気自動車に革命を起こすモビリティ・プラットフォームのCarDekhoが2億5000万ドル(約344億円)の投資を獲得するのを支援した。

【参考ページ】
(原文)FUND SOLUTIONSLeapFrog Commits US$500 Million to Asian, African Climate Solutions
(日本語訳)ファンド・ソリューションズLeapFrog、アジアとアフリカの気候ソリューションに5億ドルを拠出

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る