カーギル、南米サプライチェーンでの森林保護に向けた取り組みを発表

11月27日、カーギルは、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイにおける主要な連作作物のサプライチェーンで、2025年までに森林破壊と農地転換をゼロにすると発表した。

同社は2030年までに南米全域で森林破壊と土地転換のない大豆生産にコミットしており、今回のアクションでは対象を大豆、トウモロコシ、小麦、綿花などに拡大する。これらの作物は、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイで生産されるもので、これらの地域は世界の貿易量の約30%、総生産量の13%を占める重要な供給地域である。

本取り組みは、国際環境NGOである世界資源研究所(WRI)の地理空間に関する専門的な知見を活用している。自然生態系と農場地域のモニタリング、報告、検証を強化することで、食糧安全保障、生物多様性保全、気候変動対策に貢献し、森林破壊と農地転換を伴わないサプライチェーンの実現をサポートする。

カーギルの取り組みは、環境への負荷を最小限に抑えつつ、持続可能な食品生産に向けた業界の先進的なステップとして位置づけられている。今後、この取り組みがどのように実施され、目標の達成に向けてどのような効果が生まれるかが注目される。

【参照ページ】
(原文)Cargill Announces Commitment to Eliminate Deforestation and Land Conversion in Brazil, Argentina and Uruguay by 2025
(日本語参考訳)カーギル、南米サプライチェーンでの森林保護に向けた取り組みを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る