ライオンデルバセル、医療プラスチックのリサイクル促進の国際イニシアティブに加盟

ライオンデルバセル、医療プラスチックのリサイクル促進の国際イニシアティブに加盟


12月13日、蘭の化学大手企業であるライオンデルバセルが、国際的なイニシアティブである「ヘルスケア・プラスチック・リサイクル協議会(HPRC)」に参加すると発表した。本協議会は、医療分野から排出される使い捨てプラスチックのリサイクルを推進するために2010年に設立された。ライオンデルバセルは、HPRCにおいて、マテリアルリサイクルや高度リサイクルに関する知識を提供する役割を果たす。

HPRCの現在の加盟企業には、ダウ、イーストマン、ボストン・サイエンティフィック、アムコール、WLゴア&アソシエイツ、ジョンソン&ジョンソン、バクスター、メドトロニックなど33社が含まれている。これらは、化学メーカーやリサイクル事業者、病院などが加盟しており、医療用プラスチックのリサイクル促進に協力している。

医療用プラスチックの生産量は2020年には世界で320億ポンド(約145億kg)以上であり、2025年には480億ポンド(約220億kg)に増加する見込みである。これらのプラスチックは主に埋立地や焼却で処理されているが、実際にはリサイクル可能なものが多く存在している。

ライオンデルバセルは、2030年までに年間200万トン以上のリサイクル可能なポリマーを生産し、同社の工場でのプラスチックペレットの環境漏出をゼロにすることを目指している。HPRCへの参加により、医療セクターにおけるプラスチックのリサイクル向上に向けて、他の加盟企業と協力していく方針である。

【参照ページ】
(原文)LyondellBasell Joins Healthcare Plastics Recycling Council
(日本語参考訳)ロンデルバセル社がヘルスケア・プラスチック・リサイクル協議会に加盟

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る