神戸製鋼、高炉工程におけるCO2低減ソリューションの実機実証に成功

10月17日、神戸製鋼所は、加古川製鉄所の大型高炉でCO2排出量を25%削減できる技術の実機実証に成功した。これは、2021年2月に同社が公表した第一弾での実証結果を大幅に上回る結果であり、高炉実機でのCO2削減手法としてこれまで公表されている中では、世界最高水準のCO2削減効果を有する。このCO2削減効果を活用し、国内で初めて商品化した低CO2高炉鋼材「Kobenable Steel」の普及を図り、増産供給体制の構築を進めていく考え。

実証試験は、2023年4月から6月にかけて加古川製鉄所の大型高炉で約2か月にわたり行われた。実証試験では、高炉に「MIDREXプロセス」のHBI(還元鉄)を多量に装入し、高炉からのCO2排出量を決定づける還元材比(高炉で使用する炭素燃料使用量)を安定的に低減できることを確認した。

世界最少水準の還元材比およびコークス比も同時に達成できており、現有する技術を用いたCO2低減策の中では、実機の大型高炉で安定的かつ早期に多量のCO2を削減可能なソリューションの提供となる。

【参照ページ】
「KOBELCO グループの製鉄工程におけるCO₂低減ソリューション 第2弾」

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る