環境省、第4回ESGファイナンシャル・アワード・ジャパン募集開始

9月12日、環境省は第4回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン 金融部門」の募集開始を発表した。環境省では、ESG金融の普及・拡大に向け「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」(環境大臣賞)を令和元年度に創設した。受賞者には、広報等で活用できるロゴマークを提供する。

本アワードは①投資家部門、②間接金融部門、③資金調達部門、④金融サービス部門、⑤環境サステナブル企業部門の5つの分かれている。

応募対象は投資家、銀行等、保険会社、証券会社、グリーンボンドの発行体・ストラクチャリングエージェント・外部レビュー機関及び環境要素を経営戦略に取り込み、企業価値及び環境への正の効果を生み出している企業だ。応募期間は令和4年9月2日から10月31日17時までとなっている。表彰式は令和5年2月下旬に開催予定。

【参照ページ】
第4回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン 金融部門」募集開始について
第4回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン 環境サステナブル企業部門」募集開始について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る