アラブ石油投資会社(APICORP)、エネルギー転換の取り組みを強化。新たなESGポリシーフレームワーク策定

アラブ石油投資公社(APICORP)は2021年9月13日、新たなESGポリシーフレームワークを策定した。

ARICORPは、エネルギー転換を促進するため、特にMENA地域のグリーンエネルギー関連事業やサステナブルなエネルギー企業に対し今後2年間で、10億米ドルを拠出する計画で、同時に、ステークホルダーとの積極的なエンゲージメントを通して、2023年末までにARICORPの全資産のESGフットプリントを測定することも視野に入れている。

ARICORPは、環境保護、社会的責任、強力なガバナンスに対する取り組みを正式に規定することを方針としており、「責任ある銀行・投資業務」、「社会的包摂と連携」、「財務回復力とガバナンス」を3本の柱とするこの包括的なフレームワークは、その重要な要素となる。このフレームワークではESGのリスクや機会の特定、測定、管理、モニタリング、報告についても規定し、ARICORPにおける基盤、倫理と価値、ダイバーシティとインクルージョン、社員エンパワーメント関連の基準も設定している。

【参照ページ】
(原文)New Environmental, Social, and Governance (ESG) Policy Framework reinforces APICORPS’s commitment to the Energy Transition
(日本語訳)アラブ石油投資会社(APICORP)、エネルギー転換の取り組みを強化。新たなESGポリシーフレームワーク策定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る