EU議会、炭素除去認証制度確立のための法律を採択

EU議会、炭素除去認証制度確立のための法律を採択

4月10日、欧州議会の議員たちは、炭素除去を定量化、監視、検証し、グリーンウォッシュに対抗するための認証制度を確立することを目的とした新法の採択を決議した。

欧州議会議員による441対139の賛成多数で可決されたこの採択は、EU法制における包括的な炭素除去および土壌排出削減の枠組みの立ち上げに向けた最終ステップのひとつであり、炭素除去の利用を拡大する一方で、グリーンウォッシングの懸念に対処し、信頼を構築し、炭素除去技術の開発を奨励し、炭素除去ソリューションを導入し、革新的な炭素農法に取り組む産業および土地管理者に収入機会を創出することを目的としている。

炭素除去ソリューションには、直接空気回収プロジェクトのような産業技術から自然の炭素吸収源まで様々なものがある。炭素除去プロジェクトに対する資金調達は、炭素クレジットや政府の奨励金など様々な財源から行われるため、プロジェクトの影響と質を検証し定量化するシステムが必要となる。

欧州委員会は2022年に、2050年までに気候変動による中立性を達成するためのEU戦略である「欧州グリーン・ディール」の一環として、認証枠組みの初期案を発表した。この戦略では、温室効果ガス(GHG)の絶対的な排出量削減を第一義としているが、削減できない排出量については、炭素の除去でバランスをとる必要がある。

欧州委員会の認証案は、炭素除去の質と比較可能性を確保するための一連の基準について詳述している。その基準には、気候変動に対する便益を正確に測定し、その活動が現在の慣行と相加的であること、認証が炭素貯留の期間とリンクしていること、炭素除去活動が気候変動への適応、循環型経済、水・海洋資源、生物多様性といった持続可能性の目標を維持・貢献するものであることなどが含まれる。

しかし、当初の提案は、環境の持続可能性を重視する団体から批判を受け、新規則はあまりにも曖昧で、グリーンウォッシュの影響を受けやすいと主張された。

欧州委員会の提案を受けて、EU議会は持続可能な炭素循環に関する決議を採択し、気候変動を抑制し、排除できない排出量に対処するための炭素除去の可能性を認める一方で、EUの気候変動目標を追求するために炭素除去に過度に依存することに警告を発した。

EU議会と理事会の間で行われた、新しい認証制度の最終ルールに関する交渉において、議員らは、大気中または生物起源の炭素を数世紀にわたって貯蔵する恒久的な炭素除去、少なくとも35年間持続する長期製品への一時的な炭素貯蔵、森林や土壌の修復、湿地管理などの炭素農法による一時的な炭素貯蔵、炭素農法による土壌の排出削減など、炭素除去と排出削減活動のカテゴリーを区別する枠組みで合意した。

合意はまた、モニタリング期間中に炭素が大気中に放出される逆転現象に対処するため、認証方法論の開発時に責任メカニズムを確立することを求めた。

議会と理事会はまた、農業土壌からの排出を削減する一部の炭素農法活動を対象とするよう法律の範囲を拡大する一方、この制度の下での炭素農法活動には、生物多様性と生態系へのコベネフィットを生み出すための持続可能性要件を導入し、さらに、すべての炭素除去活動が環境に重大な害をもたらさないことを保証するための要件を導入した。

議会での採択が完了した新法は、発効前にEU理事会で加盟国の承認を得る必要がある。

【参照ページ】
(原文)Carbon removals: MEPs adopt a new EU certification scheme
(日本語参考訳)炭素除去: 欧州議会、新たなEU認証制度を採択

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る