Iberdrola、約226億円を投じて英国にグリーン水素プラントを建設

 Iberdrola、約226億円を投じて英国にグリーン水素プラントを建設

8月9日、Iberdrolaは、約1億7000万ドル(約226億円)を投じ、英国最大の港であるフェリクストウに大規模なグリーン水素プラントを建設し、自動車や機械にクリーンな燃料を供給する計画を発表した。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられている。特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難な部門に適している。他の物質から水素を取り出すプロセスに再生可能エネルギーを利用するグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力の開発には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要となる。

Iberdrolaは、新プラントからのグリーン水素は、再生可能エネルギーからの電力で水を水素と酸素に分解する電解機によって製造されると述べている。

本プロジェクトは、Iberdrolaの英国子会社であるScottishPowerと港湾ネットワークのHutchison Portsが開発する。2026年に稼働する同プラントでは、第一段階で年間14,000トンの再生可能エネルギーによる水素を生産し、将来的にはこれを倍増させることが可能である。

Iberdrolaによると、本プラントは最大1,300台のグリーン水素トラックに燃料を供給することができ、港に物資を運ぶ列車にクリーンな燃料を供給するために使用される予定だという。

同社によると、フェリクストウ港は、同社が英領北海海域で開発している洋上風力発電所の近くに位置する。ScottishPower Renewables社は、2020年に同地域で714MWの洋上風力発電所「East Anglia ONE」を完成させ、その後2025年までに英国で100億ポンド(約1兆6,155億円)を投資し、3プロジェクト合計で290万kWの設置容量を持つ「East Anglia Hub」の開発を行う計画を発表している。

【参照ページ】
(原文)Green hydrogen plant to decarbonize UK’s largest freight port
(日本語訳)Iberdrola、約226億円を投じて英国のグリーン水素プラントを建設

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る