Iberdrola、約226億円を投じて英国にグリーン水素プラントを建設

 Iberdrola、約226億円を投じて英国にグリーン水素プラントを建設

8月9日、Iberdrolaは、約1億7000万ドル(約226億円)を投じ、英国最大の港であるフェリクストウに大規模なグリーン水素プラントを建設し、自動車や機械にクリーンな燃料を供給する計画を発表した。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられている。特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難な部門に適している。他の物質から水素を取り出すプロセスに再生可能エネルギーを利用するグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力の開発には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要となる。

Iberdrolaは、新プラントからのグリーン水素は、再生可能エネルギーからの電力で水を水素と酸素に分解する電解機によって製造されると述べている。

本プロジェクトは、Iberdrolaの英国子会社であるScottishPowerと港湾ネットワークのHutchison Portsが開発する。2026年に稼働する同プラントでは、第一段階で年間14,000トンの再生可能エネルギーによる水素を生産し、将来的にはこれを倍増させることが可能である。

Iberdrolaによると、本プラントは最大1,300台のグリーン水素トラックに燃料を供給することができ、港に物資を運ぶ列車にクリーンな燃料を供給するために使用される予定だという。

同社によると、フェリクストウ港は、同社が英領北海海域で開発している洋上風力発電所の近くに位置する。ScottishPower Renewables社は、2020年に同地域で714MWの洋上風力発電所「East Anglia ONE」を完成させ、その後2025年までに英国で100億ポンド(約1兆6,155億円)を投資し、3プロジェクト合計で290万kWの設置容量を持つ「East Anglia Hub」の開発を行う計画を発表している。

【参照ページ】
(原文)Green hydrogen plant to decarbonize UK’s largest freight port
(日本語訳)Iberdrola、約226億円を投じて英国のグリーン水素プラントを建設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る