NGFS、自然関連金融リスクに関する声明を発表。生物多様性の損失を金融リスクと認識

 

3月24日、気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System, NGFS) は「自然関連金融リスクに関する声明」を発表した。本声明では、生物多様性の損失を含む自然関連リスクはマクロ経済に重大な影響を与える可能性があり、金融安定に関わるリスクの源であるとの認識を公表した。また、自然資本の金融リスクを整理した報告書「中央銀行業務と金融安定性」も発表した。

NGFSは、中央銀行および監督機関が金融安定というミッションを果たすために、自然関連の金融リスクを考慮すべきとしている。本声明はまた、今後数年間、NGFSの様々な作業の流れの中で自然関連リスクの検討を主流にするため、NGFSタスクフォースの創設を発表している。

本報告書は、中央銀行および金融監督機関が生物多様性の喪失に直面した際に、その責務を果たすために必要な5つの提言を行なっている。

  1. 生物多様性の損失を経済・金融リスクの潜在的な源泉として認識し、金融・物価の安定を維持するための対応策を策定
  2. 生物多様性関連金融リスクを分析・対処するための中央銀行及び監督官庁の職員並びに市場参加者のスキル及び能力の構築
  3. 金融システムがどの程度生物多様性の損失にさらされているかの評価
  4. 生物多様性に関連する金融リスクと機会に関する金融機関のガバナンス、リスク管理、戦略、開示、金融行動に対する監督上の期待事項の選択肢を準備
  5. 中央銀行の金融政策運営や非金融政策ポートフォリオ管理が、生物多様性の損失の中でどのように行われるべきかを検討するなど、生物多様性に配慮した経済への投資動員に必要な金融アーキテクチャの構築支援

【参照ページ】
(原文)NGFS acknowledges that nature-related risks could have significant macroeconomic and financial implications

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る