CBI、農業・食料バリューチェーン企業向けの「森林破壊・農地転換ゼロ調達基準」を発表

12月22日、 国際グリーンボンド基準策定NGOである気候債券イニシアティブ(CBI)は、農業・食料バリューチェーン企業向けの「森林破壊・農地転換ゼロ調達基準」案を発表した。本基準は、2024年2月5日までパブリックコメントを受け付け、EUの森林破壊・森林劣化規則(EUDR)が2024年12月30日から適用されることを考慮して開発された。

主な特徴は以下の通りである。

  1. 調達ガイドライン:企業に対し、農産物調達戦略を森林破壊と転換の防止目標に合致させる基準を提示。
  2. 期限付き目標:製品の森林伐採やその他の生態系の転換に関連する段階的な廃止スケジュールを設定。
  3. トレーサビリティと情報開示:トレーサビリティと情報開示のための強固なメカニズムを提示。
  4. 方針の一貫性:EUDRとの整合性確保。
  5. 包括的観点:環境問題だけでなく、社会的要素も含めた包括的な視点。

本基準は、原材料生産企業だけでなく、食品加工、小売、貿易事業者まで、農産物を扱うあらゆる事業者に適用できるように設計されている。パブリックコメントを通じて、これらの基準が広く受け入れられ、企業が森林破壊の防止に向けて取り組む手助けとなることが期待されている。

【参照ページ】
(原文)New Climate Bonds Criteria for Deforestation and Conversion-Free Sourcing by Agri-Food Entities
(日本語参考訳)農業食品事業体による森林破壊と転換を伴わない調達に関する新たなクライメート・ボンド基準

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る