CBI、農業・食料バリューチェーン企業向けの「森林破壊・農地転換ゼロ調達基準」を発表

12月22日、 国際グリーンボンド基準策定NGOである気候債券イニシアティブ(CBI)は、農業・食料バリューチェーン企業向けの「森林破壊・農地転換ゼロ調達基準」案を発表した。本基準は、2024年2月5日までパブリックコメントを受け付け、EUの森林破壊・森林劣化規則(EUDR)が2024年12月30日から適用されることを考慮して開発された。

主な特徴は以下の通りである。

  1. 調達ガイドライン:企業に対し、農産物調達戦略を森林破壊と転換の防止目標に合致させる基準を提示。
  2. 期限付き目標:製品の森林伐採やその他の生態系の転換に関連する段階的な廃止スケジュールを設定。
  3. トレーサビリティと情報開示:トレーサビリティと情報開示のための強固なメカニズムを提示。
  4. 方針の一貫性:EUDRとの整合性確保。
  5. 包括的観点:環境問題だけでなく、社会的要素も含めた包括的な視点。

本基準は、原材料生産企業だけでなく、食品加工、小売、貿易事業者まで、農産物を扱うあらゆる事業者に適用できるように設計されている。パブリックコメントを通じて、これらの基準が広く受け入れられ、企業が森林破壊の防止に向けて取り組む手助けとなることが期待されている。

【参照ページ】
(原文)New Climate Bonds Criteria for Deforestation and Conversion-Free Sourcing by Agri-Food Entities
(日本語参考訳)農業食品事業体による森林破壊と転換を伴わない調達に関する新たなクライメート・ボンド基準

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る