GRI、生物多様性基準の更新とコンサルテーションを実施

12月5日、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)は、企業が最も緊急性の高い生物多様性への影響を開示し、データの透明性を高めることを目標とした、最新の生物多様性基準を発表した。

GRI は、モントリオールで開催される国連生物多様性条約(COP15)に合わせて、同基準の 「メジャーアップデート」についてのコンサルテーションを開始した。

新しい提案には、生物多様性の影響の多くが企業の事業範囲を越えて発見されることから、サプライチェーン全体を通じた報告を反映させるための措置が含まれている。また、気候変動、汚染、資源の乱開発など、生物多様性損失の要因をより深く理解するための新たな開示項目が導入される予定である。

生物多様性に関連する人権への影響に関する要件も設けられる予定であり、さらに、企業が生物多様性への影響を及ぼす場所について透明性を確保するために、GRIによって場所固有のデータが増幅される予定である。

本起草と改訂のプロセスでは、GRIスタンダードをこの分野の新しい進展に合わせるために、他の生物多様性フレームワークやイニシアティブとの連携が行われた。

IPBES、CDP、Alignプロジェクト、Partnership for Biodiversity Accounting Financials、Accountability Frameworkが技術委員会に参加し、Science Based Target Network (SBTN), Taskforce on Nature-related Financial Disclosures (TNFD), WBA Nature Benchmarkからの情報によりドラフトが形成された。

公開草案は2023年2月28日までパブリックコメントのために公開される予定である。

【参照ページ】
(原文)Global standard for biodiversity impacts one step closer
(日本語参考訳)GRI、生物多様性基準の更新とコンサルテーションを実施

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る