BNPP AM、自然資本投資会社IWCを買収

BNPP AM、自然資本投資会社IWCを買収

12月8日、BNP Paribas Asset Management(BNPP AM)は、天然資源投資を専門とするInternational Woodland Company(IWC)の株式の過半数を取得し、BNPP AMのサステナビリティに焦点を当てたプライベート投資の提供を強化することを発表した。

BNPP AMによると、今回の買収は、リスク・リターンやインフレ防止などの特性が魅力的であり、炭素回収や保全プロジェクト、生物多様性保全や水管理などの利点など、サステナビリティに関連した資産クラスとしての林業への投資に対する顧客の関心が高まっていることを背景として行われた。

コペンハーゲンに本社を置くIWCは、1991年に林業投資を中心に設立され、持続可能な森林投資、農業投資、炭素クレジットや保全プロジェクトなどの生態系サービスに関する投資運用・助言サービスを提供しており、運用・助言資産額は55億ドル(約5,000億円)である。

本買収は、今年初めに発表されたBNPP AMの2025年の戦略的野心に続くもので、主に持続可能な投資能力と提供サービスの拡張に焦点を当て、”欧州で参照される持続可能な資産運用会社 “になることを目標としている。

BNPP AMは、今回の買収は、持続可能な投資サービスの拡大と、プライベート・マーケット投資プラットフォームの拡大の一環であると述べている。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas Asset Management acquires majority stake in International Woodland Company
(日本語参考訳)BNPP AM、自然資本投資会社IWCを買収

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る