BNPP AM、自然資本投資会社IWCを買収

BNPP AM、自然資本投資会社IWCを買収

12月8日、BNP Paribas Asset Management(BNPP AM)は、天然資源投資を専門とするInternational Woodland Company(IWC)の株式の過半数を取得し、BNPP AMのサステナビリティに焦点を当てたプライベート投資の提供を強化することを発表した。

BNPP AMによると、今回の買収は、リスク・リターンやインフレ防止などの特性が魅力的であり、炭素回収や保全プロジェクト、生物多様性保全や水管理などの利点など、サステナビリティに関連した資産クラスとしての林業への投資に対する顧客の関心が高まっていることを背景として行われた。

コペンハーゲンに本社を置くIWCは、1991年に林業投資を中心に設立され、持続可能な森林投資、農業投資、炭素クレジットや保全プロジェクトなどの生態系サービスに関する投資運用・助言サービスを提供しており、運用・助言資産額は55億ドル(約5,000億円)である。

本買収は、今年初めに発表されたBNPP AMの2025年の戦略的野心に続くもので、主に持続可能な投資能力と提供サービスの拡張に焦点を当て、”欧州で参照される持続可能な資産運用会社 “になることを目標としている。

BNPP AMは、今回の買収は、持続可能な投資サービスの拡大と、プライベート・マーケット投資プラットフォームの拡大の一環であると述べている。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas Asset Management acquires majority stake in International Woodland Company
(日本語参考訳)BNPP AM、自然資本投資会社IWCを買収

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る