Salesforce、ESGデータ管理・レポーティングソリューションの提供を開始

Salesforce、ESGデータ管理・レポーティングソリューションの提供を開始

12月9日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、ESGの透明性に対する需要の高まりに対応し、Salesforceの気候変動に特化したソリューションに社会とガバナンスに関するデータ機能を追加することを目的とした、新しいESGデータ管理・報告ソリューション「オートメートESGレポーティング」を発表した。

Salesforceによると、新ソリューションは、ユーザーが異なるシステムからESGデータを統合し、環境、社会、ガバナンスのデータを一箇所で確認できるようにし、報告プロセスを合理化・自動化してフレームワーク固有のレポートを容易に作成できるようにするものである。

本ソリューションは、Salesforceの温室効果ガス排出量データの追跡・分析・報告ソリューション「Net Zero Cloud」を中心に、当初2019年に(「Sustainability Cloud」として)提供を開始し、信頼できる環境データの追跡・分析・報告機能により、ユーザーに環境への影響を360度見渡すことができるようにしたものである。今年初めには、Salesforceのポートフォリオ全体のソリューションを統合し、Slackのサプライヤーコラボレーション技術や、Salesforce傘下のTableauのCRMダッシュボードの利用を追加し、サステナビリティの洞察を提供する「Net Zero Cloud 2.0」を発表した。

ESGレポートの自動化により、SalesforceはNet Zero Cloudに社会とガバナンスのデータ管理機能を追加する。新機能として、企業の人事システムから従業員の属性を表示できる新しい多様性、公平性、包括性(DEI)ダッシュボード、組織の子会社からの炭素排出データをプラットフォームの単一インスタンスに取り込む新しいマルチオーグ炭素計算機能、枠組み固有のESG基準に沿ったレポート作成の合理化と自動プロセスを実現する新しいコンプライアンスと開示ハブが追加されている。

新しいソリューションは、Tableauのデータ可視化機能、MuleSoftのデータ統合、Experience Cloudの複数組織データ共有、Trailheadの人材活用など、セールスフォースが提供するさまざまな機能を利用している。

【参考ページ】
(原文)Salesforce expands Net Zero Cloud to report on S and G on top of E
(日本語参考訳)Salesforce、ESGデータ管理・レポーティングソリューションの提供を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る