Air ProductsとAES、約5,472億円を投じて米国最大のグリーン水素施設を建設

Air ProductsとAES、約5,472億円を投じて米国最大のグリーン水素施設を建設

12月8日、産業用ガスのリーディングカンパニーであるAir ProductsとエネルギープロバイダーであるAESは、テキサス州で初の「メガスケール」グリーン水素製造施設を建設するために40億ドル(約5,472億円)を投資する計画を発表した。

日産200トン以上の水素製造能力を持ち、約1.4ギガワット(GW)の風力・太陽光発電を含む本プロジェクトは、米国最大のグリーン水素施設となる予定である。

2027年の商業運転開始を目指す本プロジェクトは、ネット・ゼロ目標に炭素強度ゼロの燃料を組み込むことを目指す州や企業によるグリーン水素の需要増加に対応するものである。グリーン水素は、モビリティ市場だけでなく、他の産業市場にも特に関連性がある。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられており、特に風力や太陽光などの再生可能エネルギーソリューションが実用的でない、排出量の削減が困難なセクターにおいて重要な役割を担っている。

年間約9,000万トンの水素が製造されているが、その大部分は化石燃料を使って抽出されており、汚染物質やGHGの排出を引き起こしている。再生可能エネルギーを利用した電気分解プロセスで水から水素を取り出すグリーン水素のようなクリーンな抽出プロセスを開発するためには、多額の投資が必要である。

2027年に商業運転を開始する予定の新施設は、米国の運輸および産業市場にグリーン水素を供給し、炭素強度ゼロの燃料に対する高まる需要に対応する。

Air ProductsとAESによると、この施設は耐用年数中に5000万トン以上のCO2を削減することができ、これは約50億ガロンのディーゼル燃料の排出量に相当する。

Air ProductsとAESは、再生可能エネルギーと電解槽の資産を等しく所有し、Air Productsは30年間の契約に基づいて、グリーン水素の独占販売代理店となる。

【参照ページ】
(原文)Air Products and AES Announce Plans to Invest Approximately $4 Billion to Build First Mega-scale Green Hydrogen Production Facility in Texas

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る