イージージェット、航空機のカーボンフットプリント削減に向けビッグデータソフトウェアを導入

イージージェット、航空機のカーボンフットプリント削減に向けビッグデータソフトウェアを導入

2月7日、イージージェットは、環境に配慮したフライトソフトウェアソリューションを提供するオープンエアラインズ社の燃料管理ソリューションの採用を発表した。

オープンエアラインズのクラウドベースで人工知能&ビッグデータを駆使したソリューション「SkyBreathe」は、航空機のブラックボックスで得られる膨大なデータを自動的に分析し、航空会社やパイロットに燃料消費量やCO2排出量の削減に役立つ提案を行う。

SkyBreatheは、イージージェットの航空機からデータを分析・収集し、ペイロード、気象条件、メンテナンス、飛行経路、航空管制からのデータと組み合わせる。本ソリューションは、燃料節約の機会を特定し、合成ダッシュボードを通じてすべての関係者に共有されるインサイトを生成する。

また、地上(プッシュバック、タキシング、離陸、ターンアラウンド)および飛行中(上昇、巡航、アプローチ、着陸)に最も効率的な手順を実施することで、二酸化炭素削減をさらに最大化する。

オープンエアラインズによると、SkyBreatheを利用することで、航空会社は燃料を節約し二酸化炭素排出量を最大5%削減できる。SkyBreatheの既存の航空会社の顧客には、エールフランス航空、ノルウェー航空、IndiGo、Flydubai、ad Atlas Airなどが含まれる。

【参照ページ】
(参考記事)easyJet adopts SkyBreathe® 360° eco-flying platform to reduce CO2 emissions
(日本語訳)イージージェット、航空機のカーボンフットプリント削減のためにビッグデータソフトウェアを導入

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る