PepsiCo、企業・コミュニティの不平等解消に向けた取り組みを推進

 

2月17日、PepsiCoは人種間の平等の実現を目的とした「Multicultural Business and Equity Development Organization」の発足を発表した。 本ユニットは、歴史的に排除されてきた人々や十分なサービスを受けていない企業・コミュニティの不平等を解消する取り組みを推進する。

今後PepsiCoは多文化コミュニティにおける小売業者の事業展開の加速、多様なサプライヤーやパートナーへの投資と支援、主要な多文化集団における消費者意識と売上の向上など、ビジネスと公平性に主眼を置いた取り組みを行う。

本発表は、 PepsiCo が昨年発表した包括的なサステナビリティフレームワーク「pep+」に続くもので、農業慣行・気候・水・包装におけるサステナビリティ・地域・社会目標を網羅した幅広いESGイニシアティブを包含する。本フレームワークの重要な柱のひとつが、 PepsiCoの「人種平等の旅」(REJ)であり、黒人やヒスパニックの代表を増やす取り組みや採用活動の拡大、多様なサプライヤーとの取引拡大、マイノリティ企業への投資に向けて5億7,000万ドル(約653億円)以上を投資する予定だ。

【参照ページ】
(原文)PEPSICO CREATES DEDICATED NORTH AMERICA MULTICULTURAL BUSINESS AND EQUITY DEVELOPMENT ORGANIZATION TO ACCELERATE RACIAL EQUALITY JOURNEY AND COMMUNITY EFFORTS ACROSS BEVERAGE AND CONVENIENT FOOD BUSINESSES
(日本語訳)PepsiCo、企業・コミュニティの不平等解消に向けた取り組みを推進

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る